お世話になります。skottiの日下部です。

今日のテーマは欧米と日本の金融資産の割合を比較していきましょう。

よく日本について言われていることは

・欧米諸国に比ベて投資に消極的である

・現金の割合が多い

といった意見をよく聞きますね。

実際はどうなのか?みていきましょう!

日本銀行調査統計局「資金循環の日米欧比較」より引用

やはり、欧米に比べ、現金の割合が多いですね。

アメリカは全体の家計に対して13%しか、現金を持っていないという状況です。

逆に「株式」の割合は日本よりも3倍以上となっていて、株式投資に積極的なことがわかりますね!

でもここでアメリカが良いのか?というと、

そうでもないといえます。

少し前のニュースでアメリカ人の貯金0の人が増えているというニュースもありましたね。(新型コロナウイルスの影響)

なので、ある程度の流動性がある貯金として持っておくことは必要であると考えます!

では、【 ある程度 】とは、いくらなのか?というと、結論からお伝えすると、【 人による 】ということになります。

下にも書いているように最低限の現金は持っておくべきでしょうが、それ以上はその人の生活水準や家族構成などによって異なってきます。

僕はよく「投資するタイミングはいつですか?」と聞かれると「最低でも生活費の半年〜1年分ぐらい貯めてからですね」とお伝えしています。

毎月10万円の生活費の人は60万円〜120万円の現金

毎月20万円の生活費の人は120万円〜240万円の現金

毎月30万円の生活費の方は180万円〜360万円の現金

毎月50万円の生活費の方は300万円〜600万円の現金

となります。

ただ、今回の新型コロナのような不景気の影響を考えると生活費の半年分ではやや心許ないかなとも思います。

 

株価も暴落して手を出せない中、現金しか頼れないとなると理想は一年以上の現金は手元にあった方が良いでしょう。

 

もちろん、この部分は人によって安心感が違いますので、自分にとって安心だと思える金額の現金貯金があれば、それ以上に現金を増やす必要はないと考えます!

皆さんはいくらぐらいの現金があれば安心ですか??

もし、一緒に考えて欲しいとのことでしたらお気軽に担当FPにご相談ください。